--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-04-03

デジタ・ルーブル

20050402234217.jpg

日テレ祭の一企画、デジタ・ルーブル。あまりの親父ギャグ並みのネーミング(汗)
入り口の前で寒空の中行きかう人に「無料でーす、すぐ入れまーす!」と一生懸命に呼びかけてる係りのお姉さんが・・・可哀想で。思わず入ってしまいました。素通りな人ばっか・・・

日テレビルの入り口から入ると、Dランドのような人の列を仕切るロープが設置されてました。

―――仕切るほどの人、いなかったけどね。

一応、ある程度の時間を区切って入室させてるようでした。でも、私が待ってた時は三名なり。しかも、内一人は日テレ社員と思われます 案内のお姉さんと挨拶してたし。で、「行けって言われた」とのたまわってた。サクラなのね・・・

表現が乏しくて同じ例えになってしまうけど、Dランドのホーンテッドマンション系です。小さな部屋に区切られて壁に仕掛けがされてて、移動しながら見て行きます。どれも、最新のデジテクを使って、ルーブル美術館@フランス所蔵の絵画を表現しています。
コーナーごとに案内係がいて、どんな技術を使ってるか説明してくれました。

まず、第一の部屋。
係りの人が歓迎の口上を述べ、日本に一台しかない(?)装置が設置されてました。次の部屋に行くには短い通路を通るのですが、その何もない空間に映像が浮かび上がります。
説明によると、細かい霧(ミスト)をスクリーン状に発生させ、そこに映像を投射してるそうです。(写真、取り洩れた)
映ったのはアングルのトルコ風呂とルーブル美術館の館長。もちろん、合わせて音楽や館長のお言葉も流れてました。
それを突っ切り、次の部屋に移動。
この時振り返ると、ちゃんと後ろ側にも映ってました。ただし、同じ方向から見えるのか逆転してるのか分りません・・・
次の部屋は動く絵画。
モナリザは口元&手が動く・↑泉(ぼけてますが、アングルで知名度の高い絵)は壺から水が流れ落ちる、などとなってます。あと、貴婦人の肖像画は、涙が零れ落ちていました。それから、一番笑えた(?)のがコレ↓。
20050402234259.jpg

ダヴィットの絵ですが。死んだ人から、魂が抜けてきます・・・
幽体離脱ってゆうか、天に召されるとこってゆうか・・・
20050402234248.jpg

次のコーナーは、指で動かせる映像です。
見辛いですが、私の指で実演してみました。触ると、ソコの部分が拡大されます。あと、指で触りながらゆっくり移動させると絵も動いて次の作品に移ります。
私が喜んでると、説明係のお兄さんは得意になって専属で教えてくれました(汗)他にも前に入った組も入れて10人くらいいたのにね・・・
ちなみに、これは大きなスクリーンで、下のほうに絵の一覧があり、タッチすると大きく映し出される仕組み。それで絵を選ぶか、指で左に移動させて次々見ていくか、二通りの選択方法があるわけです。
20050402234314.jpg

最後のコレは、隠し絵(文字?)
このトラの絵の中に、三つの言葉が隠されていますv
私は、全部発見できましたけど。昔、某ビールのKリンの絵柄にKリンって文字が隠されてるって噂になった事ありましたが、あんな感じ(笑)

4月9日から横浜で開催されるルーブル美術館展。
それに合わせての企画でしたが、面白かったです。横浜には行くか微妙ですが。ちなみに、モナリザは来ないみたいですね。過去に盗まれてるからなー。今回アングルがやたらあったけど、どんなの来るんでしょ?ルーブルは何度か行ったけど、多分全部見切れてない。もっとも私は、オルセーとオランジュリー派だから。
スポンサーサイト

2005-03-22

ミュシャ展@番外編

20050322220222.jpg


この怖い絵は『メデイア』
あ、あまり好きではない絵です、念のため。やな夢見そうだもん。こんなポスター貼ってたら。

コレで注目してもらいたいのは、腕にしている蛇のアクセサリーです。このブレスレットはミュシャがデザインした(ポスターに描いた)後、この役の女優(サラ・ベルナール)が気に入って実際に作って舞台で使用したらしい。
で、なぜ私が気になってるかとゆうと、コレが日本にあるって聞いた気がするからです。何年も前の事、テレビで言ってた気がするんですよね。日本人がオークションで落として持ってるとか。
見てみたいんだよなー。

2005-03-22

ミュシャ展@お買い物編

20050322220156.jpg


↑購入したポスター群。
大(500円x2)
タイトル:夢想、ヒヤシンス姫
小(400円x3)
タイトル:花(バラ・アイリス・カーネーション・ユリ)
     芸術(絵画・詩歌・音楽・舞踏)
     時の流れ(朝の目覚め・昼の輝き・夕べの夢想・夜の安らぎ)

私の好きな『芸術・舞踏』の単独のポスターはありませんでした。
これ以外も、もっと大きな物や絵葉書なども多数ありました。
それに、高価な物も。ナンバー入りのリトグラフや特殊な印刷で色褪せに強いとか色の再現等々・・とにかく、お高い物もありました。20万円台~60万くらいなヤツ(汗) あと、小さいので8万くらいのもありました。タイルに彩色したのもあったのですが、それは4万くらいから。
でも、庶民はポスターで十分です。
その他にも、ジグソーパズルやアクセサリー、ナゼかジッポ(ライター)、マグネット等ありました。
でも、微妙に有名な作品を避けた商品が多かったような・・・
それと、展示もされてる『ビスケット箱』のコピーも大小売ってます。多分、大で800円くらいでした。大って言っても、21,2x12,3cmの紙の箱。ちなみに、中身なし(爆)


20050322220146.jpg


↑それから、以前から気になっていたフィギュア。
やはり、会場のショップで売ってました。噂には聞いてましたが・・・微妙。お持ちの方に伺ったとおり、着色してない方が良い感じでした。5種x2カラーバリエーション(10種)
私のは『花』の着色なしと『ユリ』の着色バージョン。
ユリ・・・怖いです。顔の彩色が雑な気がします。

2005-03-22

ミュシャ展

20050322220105.jpg


40分くらい並んで会場入りしたミュシャ展。
会場内も激混みの為、流すようにしか見れなかった作品もあり少し消化不良気味。
昨年プラハの『ミュシャ美術館』で見た時はゆっくり見てきたけど、作品の説明が欲しかったので今回はソレを期待してたのですが。あまりの人の多さに、作品の横に掲示してある説明文を読むどころじゃありませんでした・・・

でも、内容は思った以上に充実。作品も根こそぎ持ってきたような感じ(爆) プラハのミュシャ美術館、大丈夫なのか?
有名なポスターを初め、あまり知られてない油彩やパステル画もきてました。あと、モデルの写真やステンドグラスの下絵など、ミュシャの全てが見れますv
パリ・アメリカ・プラハ時代、それぞれミュシャの作品の雰囲気が分りやすく展示してあります。
はっきり言って、本家の美術館より充実してる、と思いました。

↑写真はカタログ。(2000円)
少しお高いですが、出来の良いカタログだと思います。写真も綺麗だし、解説も丁寧。目録も含めて200ページくらい。

20050322220211.jpg


↑このカタログにも載ってるアクセサリー@ミュシャデザインもきています。実物はかなりゴツイです。身につけたらどうなるんだろ? 使用してる石は半貴石で、それほどきらびやかな輝きではありません。ってか、ルビー等使ったらクド過ぎかも(苦笑)

2005-02-13

展覧会

20050213015651.jpg


私の好きな画家の中の一人。、ミュシャ(現地ではムハと言うらしいけど)。今、上野で展示会が開催されている。
3月までだけど・・・行きたいなぁ。ホントは、14日が休みなので行こうと思ったら、休館日との事で少し焦っている。あんまり混む時には嫌なんだよなー。あの日本の美術展の“立ち止まり禁止”っぽい雰囲気が、ね。
でも、来月もきっと平日休みがあっても月曜。
諦めて、土日に行くしかないかも。

実は私、昨年本場(?)にツアーで行ったのだが、アチラでフリータイムに『ミュシャ美術館』を訪れている。3カ国くらいを回る慌しいツアーで、チェコには2日しかいなかったが、運良くフリータイムが美術館の近くであった。少し歩いたが、割と分かりやすい場所だったので方向音痴の私でも、何とかたどり着けた。
しかし、思ったより小さい。
美術館の規模の割りには、充実したショップも併設されていたが、合わせてみても2時間あれば事は足りそうな感じ。実際、大して興味無い人は数分だろう。
ホントはポスターが欲しかったが、バスで移動の多いツアーなので(それもかなりハードスケジュール)諦めた。

写真は、お気に入りの『ダンス』
最近知ったのだが、某缶コーヒーにも使われている図柄。うっかり絵に惹かれて買ってしまいそうになるのだが・・・思いとどまっている。何で、カプチーノなんだよぉ(涙)
これは向こうで買ってきた絵葉書を携帯のカメラで撮ったのでイマイチですが、ポスターは凄く素敵ですvv

う~ん、やっぱり行こう!
日本では混むのが辛いですが、やっぱり解説を分かる言葉でしてもらえるのが嬉しい。ポスターも欲しいv 安心して持って帰れるから。

それにしても。旅行の計画、今年立てなくて良かったー。日本に来るなんて全く知りませんでしたし。私って、何度も失敗してるんですよね・・・
見に行ったらやけに作品が少ないなー、と思ったら日本に貸し出してるとかもあったし。改装中なのも何度かあって、美術館そのものに入れなかったり。日本に来てるのを見るなら、間違いなく選りすぐりの作品を見れるでしょうから、混むのは帳消しになりますよねぇ。

あ、そうそう。先日テレビで特集やってて(バレンタイン特集の一部だけど)、ミュシャの作品をフィギュア(って言うのかしら?小さな模型みたいなヤツ)にしたのが売ってるらしい。それも、お菓子とオマケが逆転してる商品(爆)
私、ハイジとかの集めてたんだけど、それ系だと思う。
ちょっと、探してみよう!
装飾タイルとかもあるらしいけど・・・高いかな?
プロフィールプロフィールプロフィール

碧

  • Author:碧
  • 冷めてるように見られがちだが、結構チャレンジャー。好き嫌いが多いくせに、旅行先では聞いたことも無いモノに手を出したがる。その土地の名物のチェックも怠らない。
    でも・・・飽きっぽい。
最近の記事最近の記事最近の記事
最近のコメント最近のコメント最近のコメント
最近のトラックバック最近のトラックバック最近のトラックバック
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
カテゴリーカテゴリーカテゴリー
ブロとも申請フォームブロとも申請フォームブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>ブログ内検索<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSフィード<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。