--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-03-22

ミュシャ展@番外編

20050322220222.jpg


この怖い絵は『メデイア』
あ、あまり好きではない絵です、念のため。やな夢見そうだもん。こんなポスター貼ってたら。

コレで注目してもらいたいのは、腕にしている蛇のアクセサリーです。このブレスレットはミュシャがデザインした(ポスターに描いた)後、この役の女優(サラ・ベルナール)が気に入って実際に作って舞台で使用したらしい。
で、なぜ私が気になってるかとゆうと、コレが日本にあるって聞いた気がするからです。何年も前の事、テレビで言ってた気がするんですよね。日本人がオークションで落として持ってるとか。
見てみたいんだよなー。
スポンサーサイト

2005-03-22

ミュシャ展@お買い物編

20050322220156.jpg


↑購入したポスター群。
大(500円x2)
タイトル:夢想、ヒヤシンス姫
小(400円x3)
タイトル:花(バラ・アイリス・カーネーション・ユリ)
     芸術(絵画・詩歌・音楽・舞踏)
     時の流れ(朝の目覚め・昼の輝き・夕べの夢想・夜の安らぎ)

私の好きな『芸術・舞踏』の単独のポスターはありませんでした。
これ以外も、もっと大きな物や絵葉書なども多数ありました。
それに、高価な物も。ナンバー入りのリトグラフや特殊な印刷で色褪せに強いとか色の再現等々・・とにかく、お高い物もありました。20万円台~60万くらいなヤツ(汗) あと、小さいので8万くらいのもありました。タイルに彩色したのもあったのですが、それは4万くらいから。
でも、庶民はポスターで十分です。
その他にも、ジグソーパズルやアクセサリー、ナゼかジッポ(ライター)、マグネット等ありました。
でも、微妙に有名な作品を避けた商品が多かったような・・・
それと、展示もされてる『ビスケット箱』のコピーも大小売ってます。多分、大で800円くらいでした。大って言っても、21,2x12,3cmの紙の箱。ちなみに、中身なし(爆)


20050322220146.jpg


↑それから、以前から気になっていたフィギュア。
やはり、会場のショップで売ってました。噂には聞いてましたが・・・微妙。お持ちの方に伺ったとおり、着色してない方が良い感じでした。5種x2カラーバリエーション(10種)
私のは『花』の着色なしと『ユリ』の着色バージョン。
ユリ・・・怖いです。顔の彩色が雑な気がします。

2005-03-22

ミュシャ展

20050322220105.jpg


40分くらい並んで会場入りしたミュシャ展。
会場内も激混みの為、流すようにしか見れなかった作品もあり少し消化不良気味。
昨年プラハの『ミュシャ美術館』で見た時はゆっくり見てきたけど、作品の説明が欲しかったので今回はソレを期待してたのですが。あまりの人の多さに、作品の横に掲示してある説明文を読むどころじゃありませんでした・・・

でも、内容は思った以上に充実。作品も根こそぎ持ってきたような感じ(爆) プラハのミュシャ美術館、大丈夫なのか?
有名なポスターを初め、あまり知られてない油彩やパステル画もきてました。あと、モデルの写真やステンドグラスの下絵など、ミュシャの全てが見れますv
パリ・アメリカ・プラハ時代、それぞれミュシャの作品の雰囲気が分りやすく展示してあります。
はっきり言って、本家の美術館より充実してる、と思いました。

↑写真はカタログ。(2000円)
少しお高いですが、出来の良いカタログだと思います。写真も綺麗だし、解説も丁寧。目録も含めて200ページくらい。

20050322220211.jpg


↑このカタログにも載ってるアクセサリー@ミュシャデザインもきています。実物はかなりゴツイです。身につけたらどうなるんだろ? 使用してる石は半貴石で、それほどきらびやかな輝きではありません。ってか、ルビー等使ったらクド過ぎかも(苦笑)

2005-03-15

パン食べ放題ランチ

20050315213501s.jpg


今日のランチタイム。
新しいビルにテナントで入っているレストランに行ってみた。
ここはいつも混んでるので敬遠していたが、今日は“待ち”の列が短いので並んでみたけど、ちょっとプチッ(怒) 先にオーダーを取ってから席に案内すると言われたので、数歩下がって外に出してあるメニューを見てたら、他のスタッフが来て私達に気づかずに後から来たグループを案内してしまった。私達がムッとしてたら、別のスタッフが慌てて空いた席を見つけて案内してくれた。
席に着くと、テーブルに置いてあるお皿を持ってパン&ドリンクコーナーに向かう。両方ともセルフで、いわゆる食べ放題。パンは、焼きたてのミニサイズで十数種類。大体、直径5センチ前後かな? 私は、レーズン・ミニフランス・カンパ―ニュ(フランスの田舎パン風)。同僚はレーズン・ヒマワリの種入りを。あと、イカ墨パンは半分こ。
ドリンクは同僚はアイスティー。私が、カフェラテ。でも、これが凄い。カップを置いて、カフェラテのボタンをポチッと。すると、ガーと泡立ったミルクとコーヒーが別々に出てくる本格派。でもね、ナミナミ出てきて零れるかって勢い。焦りました(笑)

しかし、席についてからも、なかなか料理が出てこない。
初めに聞く意味ないんじゃ? メニューもランチは3種類だよ?(チキン・和風ハンバーグ・スモークサーモンサラダ)

―――パン、お代わりしちゃったよ

マヂでパンとドリンクで終わるかと思った(汗)
同僚と諌めあい、やっと出てきたメインのお料理。
二人ともチキンにしたのですが、トマトソースのフツーなお味。付け合せの野菜が冷めた物もありましたが、まぁ合格点。(偉そう?)
同僚いわく「元を取るのは大変かも」。
つまり、お値打ち感が無いランチバイキングって事らしい。税込みで千円を少々超えました。確かにね。私としてはパンが意外と美味しかったので良かったですv

ちなみにこの店はパンのテイクアウトもしております。
しかも、購入後もセルフ。自分で焼きたてパンを選んで、トレーに乗せてレジに行くまでは他と一緒。でも、買った後背後にある台の上で自分で詰めなくてはなりません。2~3人しか出来ないので、混んでる時は「サッサと詰めてよ!」の無言のプレッシャーを背中に痛いほど感じられます。

2005-03-02

赤ワイン@まるき酒造

20050302004826.jpg


日本産で私がお気に入りのワイナリーのワイン。
山梨のワインです。
お味はまぁまぁ。渋みが少し強いけど。後味もへんに残らないし、色も綺麗。フルーティなのを好きな方は、好かないかも知れませんが。

山梨の勝沼には色んなワイナリーのを集めたトコがあって、十数年前に行った時このワイナリーのワイン(熟成って名だったかな?)が気に入ったのが出会いですね。
いわゆる“うんちく”は語れないし、聞かされるのもあまり好きでない場合が多いので上手くはいえませんが・・・熟成されたまろやかな味だったのを覚えています。

最近でこそ日本のワインが見直されてますが、以前は観光土産的なのが多かったんですよね、日本全国。
でも、山梨はワインがしっかり根付いてる気がします。小さなワイナリーが一杯あるし、秋のぶどう祭りの時期なんて凄いみたいですよ。行ってみたいんですけど、都合がつかない(涙)

そうそう、ある時期になるとお酒の極端に弱い人は気をつけた方が良い場所もあります。(今はどうだか分かりませんが) ぶどうの搾りかすを肥料としてブドウ畑に撒くんですよね。
すると、発酵して・・・空気に漂うワインの芳香(爆)
私なら、幸せかも♪

ちなみにこのボトルはハーフサイズ。
値段は輸入物のテーブルワインと変わりません。う~ん、少々高いかも。
それから、一緒に移ってるブルーの物はワインオープナーです。
ハンズで見つけた物で、結構ヒットv
長い針がついていて、それを根元までコルクに差込後はプッシュプッシュ! ポンプ式になっていて、空気圧でコルクが上がってきます。最後には“ポン!”とシャンパンのような音と共に綺麗に抜けます。ただし、古かったり質の悪すぎるコルクだと針が通らなかったり抜けてこないみたいです。(先日のチリ産のは駄目だった)
なので、私の中で2番目の位置。
一番は旅行先で買ってきたもの。上に被せてひたすらハンドルを回すと簡単に抜ける優れものですが、実家に置いてきてしまいました(苦笑) これは、逆に回すと抜けてきたコルクが簡単に外せて便利。
針のは、コルクを外すのがちょっと危険。まぁ、使わない時はしっかりしたカバー(横にあるとんがった物。写真だと本体と合体してる風に見えて失敗)が付いてるのでよしとしましょう。
プロフィールプロフィールプロフィール

碧

  • Author:碧
  • 冷めてるように見られがちだが、結構チャレンジャー。好き嫌いが多いくせに、旅行先では聞いたことも無いモノに手を出したがる。その土地の名物のチェックも怠らない。
    でも・・・飽きっぽい。
最近の記事最近の記事最近の記事
最近のコメント最近のコメント最近のコメント
最近のトラックバック最近のトラックバック最近のトラックバック
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
カテゴリーカテゴリーカテゴリー
ブロとも申請フォームブロとも申請フォームブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>ブログ内検索<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSフィード<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。